石川九楊遠隔講義大学
2021年11月開講 受講者募集中

書家・石川九楊による講義が、この秋ついにオンライン配信にて開講いたします。

 千点におよぶ作品制作と、著書百点を越える執筆活動をベースに、書の歴史や表現、制作について説き語ります。講義は板書や実演など、動画の利点を活かし、わかりやすくお伝えします。

 まずは11月開講の「中國書史」を皮切りに、「日本書史」「書論」「技法」と講義を追加していきます。「書く」ことが疎かとなり、「言葉」が軽んじられる今だからこそ、あらためて「書」について学ぶ良い機会となるでしょう。

お申込み

講義

2021年11月開講 シリーズ①「中國書史」

全12回(1年間)
甲骨文字・金文から篆書、隷書、王羲之を経て唐、宋、明、清、さらに篆刻まで。3500年にわたる中國の書の歴史を、全12回の講義で説き語ります。

以降、順次講義を追加開講していきます。

聴講料

入会金:5,500円(税込)

シリーズ①「中國書史」

全12回(1年間)2021年11月開講
聴講料:39,600円(税込)

シリーズ②「書論 書とはどういう芸術か」

全6回(6ヶ月)2022年4月開講
聴講料:19,800円(税込)

シリーズ③「日本書史」

全12回(1年間)2022年10月開講
聴講料:39,600円(税込)

シリーズ④「技法」

全6回(6ヶ月)2023年4月開講
聴講料:19,800円(税込)

※ 共に一括払いにてお支払いいただきます。

お申込み

講義配信について

講義はインターネットを通した動画配信によって行います。聴講には動画受信のできるパソコン、スマホ、タブレットなどの機器と、インターネット環境が必要です。ページ上部の動画がご覧いただけるかご確認ください。動画受信にかかる通信費用はご負担ください。

申込方法

  1. お申込みフォームに必要事項を入力ください。
  2. 追って文字文明研究所より確認のご連絡および振込先口座のお知らせをいたします。
  3. 一週間以内に指定の口座に聴講料をお振り込みください。振込手数料はご負担ください。
  4. 入金が確認されましたら、受講についてのご案内のメールをお送りいたします。
お申込み

© 2021 文字文明研究所